なくなる前に!一度は乗りたい寝台列車

最近では悲しいことに寝台列車の廃止が進む一方です。まだ寝台列車が走っている今がチャンス!ご夫婦二度目の新婚旅行に限らず三度目、四度目と、現存する寝台列車に何度でも乗り込んでください。

様々な寝台列車画像⇒【寝台特急】全夜行列車一覧【画像集】 - NAVER まとめ

とにかく豪華な寝台列車たち

移動よりも乗ること自体が最高の経験となるような、設備が豪華な寝台列車をご紹介します。

まずは別ページでも紹介しています「トワイライトエクスプレス」。コンセプト通り、ゆったりと鉄道旅行を満喫できるもので、人気が高い日本最大の寝台列車です。

その他にも「カシオペア」と「ななつ星 in 九州」が挙げられます。とくに、2013年に登場したななつ星に関しては内装や食事にとことんこだわり、その料金がなんと五十万円という超豪華仕様。しかし寝台列車をこうした超豪華に仕上げるという新たな手法は、今後の寝台列車の未来を明るく照らしてくれるかもしれません。注目が集まります。

旅情を味わうのならやっぱりブルートレイン

昔ながらの移動を目的とした寝台特急として選ぶならやはりブルートレイン系でしょう。豪華さはありませんが、そこにしかない趣きがあります。

代表的なものはやはり「北斗星」でしょう。青函トンネルの開通に合わせて登場した北斗星は、電車好きから愛されるブルートレインです。この他にも「あけぼの」や「日本海」といったものがありますが、残念ながら日本海は2012年に廃止。あけぼのは2013年で廃止となることが決定しました。

北斗星については2014年になっても臨時便にはなりますが元気に走り続けるとのことです。まだまだ現役なうちに、一度乗ってみることをお勧めします。

急行系の寝台列車

寝台急行もずいぶんと数が少なくなりました。昭和の古き良き時代を思わせる「急行きたぐに号」も、2012年の冬を最後に完全廃止。今残っている寝台急行は青森と札幌を結ぶ「急行はまなす」のみになってしまっています。

このように、だんだんと数の少なくなっている寝台列車ですが、ななつ星のように新たな可能性を提示するものもあります。古いものが廃止されていくと、ついついセンチメンタルな気持ちになってしまいがちですが、だからこそ利用して、思い出という心のシャッターを切るべきだと筆者は考えます。

特に、長い間二人で寄り添ってきたご夫婦にとっても、きっとメモリアルな旅になるのではないでしょうか?豪華な寝台特急に乗って優雅な旅行を満喫するも良し。あえて貧乏旅行を決め込んでブルートレインや寝台急行を選ぶのも良し。全てはお二人がどんな旅行をするかだと言えます。