走るホテルで夜を満喫

寝台列車は、夜の営みを忘れかけた夫婦に情熱を蘇らせます。自宅で過ごす日常にはない、ロマンチックで優雅な空間がお二人の気持ちに再び、火をともしてくれることでしょう。

いつから枕を共にしなくなりましたか?

ご自宅での夜の営みというのは、結婚当初とくらべると年々少なくなるのが普通でしょう。「初めて一緒にベッドインした時には、あんなに激しく求め合ったのに、今となっては…」そんなため息は日本中どこにでもあることです。

夫婦がセックスレスになる原因は、それぞれのカップルによってさまざま。一概にこれぞ解決策、とは言えないものです。例えば、夫がEDになっているなどの場合は、男性専門のヘルスケアクリニックを受診するなどしてバイアグラを手に入れれば解決するでしょう。そもそも体力的な問題なのであれば、二人でウォーキングなどをはじめてみるのも良いかも知れません。

しかし身体的には問題がないのに、マンネリ化しているせいかどうしてもやる気が出ない。生活時間が合わないので、一緒にベッドへ向かう機会がない。こんなパターンの場合は、解決に時間が必要になるかもしれません。

非日常が恋人時代を蘇らせる

二人で過ごす時間と、普段とはひと味違った体験を求めるのであればやはり寝台列車での旅は非常にオススメと言えます。もちろん、お仕事の都合、金銭的な問題も大きく関わってきますので、毎週・毎月という訳にはいかないでしょう。しかしだからこそ、計画をじっくりと立て、お互いに胸をわくわくさせながら待ち望めば、旅行はきっと楽しくなるはずです。

いざ列車に飛び乗れば、その非日常感に若かりし日のような興奮を覚えるでしょう。車窓からの景色は、さまざまな思いを抱かせてくれます。そうしてゆったりと夫婦での時間を過ごしている内に、だんだんと恋人時代のような感覚が蘇ってくるはずです。

夜は長くてロマンチック

寝台列車の夜は非常にロマンチックです。列車は規則正しいリズムを刻み、窓の外には満天の星空が広がることも。こんな素晴らしい状況の中なら、普段どうしてもやる気が出なかった二人であっても、なんだかその気になってしまうかもしれません。

レールの上を列車が走る音は想像以上に大きいものです。周りを気にすることはないでしょう。豪華な個室さえ用意すれば、思う存分夫婦の時間を満喫することが出来ます。自宅ではできない素敵な体験と、久しぶりの肌の触れあいを楽しみながら、目的地到着までドキドキした気持ちを持続させてください。