夜行列車に乗るための切符購入について

寝台列車に乗るためにはさまざまな種類の切符を組み合わせて購入する必要があります。飛行機などと違い、ただ予約をすれば良いと言うわけではありませんのでご注意ください。 また、今回は寝台を利用しない夜行列車に乗る場合の切符も併せて紹介しています。

夜行列車に乗る際に必要となる切符

・寝台券
その名の通り、寝台を使用する為に必要な切符です。A寝台やB寝台という種類がありますので、ご自身が利用したい方を選びましょう。

・グリーン券
グリーン車を利用する場会はこのきっぷを購入してください。利用する区間・列車のする種類などから料金が変わります。そのため、距離によってはB寝台よりも高くなってしまうことがありますので、あらかじめ確認をしましょう。

・特急券
特急列車に乗る場合に必要となります。料金については距離や時期などにより、かなり細かい取り決めがありますので、一概にいくらということは言えません。その時々で確認をするのが良いでしょう。

・急行券
急行列車を利用する際に必要となります。料金は距離によって変わります。ちなみに、こども料金がおとなの半額となります。

・指定席券
指定席を利用する際に購入する切符となります。JR北海道とJR 九州では料金体系が特別な設定となっていますので、注意してください。

・乗車券
普段からみなさん慣れ親しんだ切符かと思います。距離が長くなればなるほど料金計算の上で優遇されますので、出発駅から目的地までのものを購入する方が一般的にお得となります。

そもそも切符はどこで買えるの?

さまざまな切符を確実に購入したいのであればやはり「みどりの窓口」に足を運ぶのがお勧めです。JRにも東日本や東海など種類がありますが、全ての「みどりの窓口」設置駅で購入が可能となっています。

また、旅行会社が取り扱う場合もありますが、中には切符の取り扱いについては別としている会社もあるのであらかじめ確認をしましょう。

最近ではインターネットでの予約もずいぶんと普及してきましたが、寝台列車については予約に未対応なものが多いです。やはり、「みどりの窓口」まで出向くのが最も良いと言えます。

寝台列車の切符購入はいろいろとルールがあり、かなり調べないと初心者には少しハードルが高いかも知れません。そんな時にはとにかく駅まで出向き、駅員さんに話を聞くのが一番です。自分がどの寝台に乗りたくて、どこに行きたいのかをしっかり伝えれば、きちんと対応してくれることでしょう。