妻たちがはまるあぶないアルバイトとは!?

交通網の発達した現代においては、日本中のどこにでも2~3時間時間程度で行くことができるようになりました。そんな中で、わざわざ寝台列車で旅をする目的は、二人きりで過ごす時間を長くとるためです。列車の中では手持ちぶさたになりがちですが、それが良いのです。普段はできない「世間話」をすることができます。必ずしも性的な話題になるとは限りませんが、それはそれで構いません。コミュニケーションを深めることは、性的関係を立て直すきっかけになるからです。

夫との会話を失い、性的な面での交流も少なくなった妻たちの中には、アブナイことを始める人が少なからずいます。「援交」と呼ばれる売春に手を染めるところまでいかなくとも、軽く「性」を売ることで欲求不満を解消しようとする人妻がいるのです。ちょっとした性的サービスでお小遣いも稼げて、「一石二鳥」と喜びながら。そんな妻にしないためにも、寝台列車でのゆったりとした旅が必要なのです。

ネットで広がるお手軽アルバイトとは?

ネット社会の良い面は、匿名性が高いことでしょう。自由に意見を述べたり、何らかの発表をしたりすることが簡単にできてしまいます。そうしたメリットはエッチの世界でも活用されます。というより、匿名性の恩恵をもっとも利用しているのが性的な交流と言えるでしょう。隣の家の人に裸を見られることを「すごく恥ずかしい」と感じる妻も、顔さえ隠せれば、不特定多数に隅々までさらしてしまうことすら平気になったりします。普段はブラジャーすら見せない妻が、モザイクなしでヴァギナを公開するのです。

出会い系などの交流サイトでは、女性が自分のヌード画像を掲載して、誰かが閲覧してくれるとお金がもらえるという仕組みを提供しています。金額的には大した額にはなりませんが、「楽して稼げる」内職ですし、自分自身の性的なフラストレーションを発散することもできるために、はまってしまう女性が増えているのです。

妻たちはどんどんエスカレートしていく!?

最近はこうしたエロバイトが主婦の間でひそかに流行していて、競争も激化してきています。他の人よりもワイセツにしないと男性が見てくれなくなるので、より露出度をあげたり、過激にしたりする人が出てきます。最初のうちは胸を見せる程度だったものが、ヴァギナをモロにさらしたり、さらには指を入れてみたり、アナルを見せたりします。そのうち静止画から動画へと移り、マスターベーションをしたり、コスプレをしてムチで打ってみたり。「おとなのオモチャ」の宣伝のために、自ら挿入して実演する人もいます。主婦が女優に変身するのです。

浮気相手との性行為を「売る」人すらいるようです。最初は恥ずかしがる主婦も、慣れてくると楽しみ始めてしまうのでしょう。「見られる快感」に目覚めてしまうようです。こうしてエスカレートしていくうちに、アダルトビデオに出演したり、援交を始めたりする人妻も出てきます。

夫婦生活への不満が、人生を転落させてしまう結果につながることもあるのです。マンネリ化したカップルは、夫婦の会話を取り戻しましよう。寝台列車の旅はそのための1つのきっかけとなり得ます。