出雲のパワースポット巡り

寝台列車サンライズに乗って島根まで来たなら、パワースポット巡りは外せません。縁結びで有名な出雲大社はもちろん、他にも訪れたい場所はたくさんあります。ここでは、恋愛外でご利益が得られるスポットを中心に紹介していきます。

出雲のパワースポット

絶対に外してはならないのが出雲大社です。出雲といえばこの場所が一番有名ではないのでしょうか。縁結びの大神、笑顔のダイコクサマと慕われている「大国主大神」(オオクニヌシオオカミ)を祀っています。縁結びと聞くと恋愛面を思い浮かべますよね。出雲大社が結んでくれるのは人と人との縁です。恋愛運だけでなく仕事運にもご利益が得られると言われています。他にも夫婦和合にも効くそうなので、夫婦の仲をより深められますよ。ぜひ夫婦で参拝に訪れてみませんか。

須佐神社は、簸の川上に於いて八岐大蛇を退治したとされる須佐之男命(スサノオノミコト)が祀られている神社です。スサノオミコトは乱暴、英雄的な性格など様々な一面があったといわれています。自分に迷いがある人、自分探しをしたい人は一度訪れてみるといいでしょう。須佐神社には、樹齢1300年を超える御神木が強烈なパワースポットと言われているようです。本殿の裏手にあるので、ぜひパワーを感じてみてください。

長浜神社には国引きの神「ヤツカミズオミツノミコト」が祀られています。産業の神様、国土を守る産土神として崇められていたそうです。そのため、商売繁盛、不動産守護のご利益を求めて参拝する人が古くからいました。仕事において出世を狙っている人や会社の利益を上げたい人は出世や資産を守護する神様に参拝しておきたいですね。

稲佐の浜は出雲大社の西側にある社です。浜辺の奥には大国主大神と武甕槌神が話し合いをしたとされている岩があります。また、この浜は神々が出雲に集まる際の玄関口でもあるのです。ご存知かもしれませんが、出雲で10月に日本中の神様が一同に会します。そのときに、稲佐の浜が入り口となるそうです。10月に訪れたら八百万の神様に会えるかもしれません。

参拝のマナーとエチケット

せっかく神仏を訪れているのなら、最低限のマナーとエチケットを持って臨みたいものです。そこでここでは、巡礼の基礎知識を紹介していきましょう。

神仏霊場では特に着る洋服を定めてはいませんが、神仏にお参りをするのならあまりだらしない格好にならないようにしましょう。お参りのときは帽子やサングラスを取ってください。なお、石段や境内は雨やコケで滑りやすいので、歩きやすいスニーカーをおすすめします。お参りの前には手水で両手と口を清めましょう。手順はまず左手、右手と清めていきます。そして、ひしゃくの水を摂るときは口につけず飲んでください。巡拝のときには、お賽銭は投げず丁寧に入れ、それぞれの神社やお寺のルールに従い祈りましょう。お参りの後は、神仏霊場巡拝の証として、朱印と御縁珠を受けてください。これらのマナーを最低限守り、参拝に訪れたいですね。

寝台列車サンライズ出雲で、島根に訪れたらたくさんのパワースポットがあります。自分が得たいご利益に合わせて、目的地を決めておきましょう。また、せっかく参拝に来たのですからマナーとエチケットを心得て祈願をしてください。